書画カメラ

アバービジョン書画カメラは、高画質・丈夫で長持ち・優れたコストパフォーマンス・簡単操作が特長の デジタルプレゼンテーションツールです。ラインナップも多様に取り揃えており、自由な操作感が人気の「フレキシブルアーム」・スタンダードな「メカニカルアーム」・カメラを自由に持ち運びできる「ワイヤレスタイプ」から選べます。ユーザーのご用途・ご予算・お好みに応じて最適な製品をお選びいただきたいと願っております。※顕微鏡アダプターには「315AF」「VP-1HD」「その他機種用」の3種類ございます。

ICT教育用ソフトウェア

AVer書画カメラソフトウェアA+ Suiteは、AVerVision書画カメラ(実物投影機)に付属されています。
本ソフトウェアを使用することにより、AVer書画カメラ(実物投影機)のライブ映像で視聴者にプレゼンテーションを行うことができます。
また、A+ Suite の豊富な機能により、プレゼンテーションの作成・管理が容易になり、対話式ディスカッションに使用することもできます。
パワーアップしたA+ Suiteは実際のプレゼンテーションをA+ Plug-in for PowerPointWordExcel(Microsoft Office対応)に ビデオ形式で記録、画像形式でプレゼンテーション画面を画像データとして保存することが可能です。

Sphere2(A+ Suite)

パソコン(Win/Mac)用の書画カメラ(実物投影機)ソフトウェアは、動画録画、書き込み機能だけでなく、自動画像補正、画面分割のようなユニークで高度な機能などユーザーに数多くの便利なツールを提供します。さらに、カスタマイズしたメディアライブラリやソーシャルメディア、ファイル共有サイトにもワンクリックでアップロードが出来ます。新しいSphere2はシンプルで直感的なインターフェイスで、誰でも簡単にご利用いただけます。
*AVerVision 4 後継応用ソフトウェア
*A+ Suite付属CD-ROMに収録されています

Sphere Lite

Sphere Lite

ChromeブラウザでSphere Liteをダウンロードすることができました! Chromeウェブストア からアプリをインストールし、 アバー実物投影機(書画カメラ)からのライブビデオをストリーミング/録画することができます!

さらに詳しく
ClassSend

『ClassSend(クラスセンド)』アプリを利用することで、教師と生徒の双方向的なワントゥーワン授業環境が実現可能です。教師は簡単に実物投影機(書画カメラ)の画像を端末で繋がる生徒たちに伝送でき、その画像に生徒たちが書き込んだ回答を教師に返信送信することができます。先生は回答を分割表示(最大同時6分割)して、クラス内でシェアする事もできます。さらに、これによって教師の授業マネージメントはより改善し、インタラクティブな質疑応答授業を、より楽しい学びにします。

さらに詳しく
AVerVision Flash Plug-in

AVerVision Flash Plug-inは、ユーザーがお好みのインタラクティブ電子黒板ソフトウェアを介しAVerVision書画カメラのライブ画像を表示することにより。教育ICT環境をより良い統合に役に立ちます。 AVerから提供するフリーソフトウェアを利用して、教師と生徒が操作し、クラスに既存のインタラクティブ電子黒板を使用してAVerVision書画カメラからストリーミングライブ映像に注釈を書き込むことができます。そして、Flashのプラグインスマートユーザーインターフェイスのデザインのおかげで、ユーザーは、ズーム、フォーカス、様々な画像調整などの重要な実物投影機コントロールに直接アクセスできます。

さらに詳しく
A+ Plug-in for Excel

AVer書画カメラ(実物投影機)とA+ SuiteのA+ Plug-in for Excelを組み合わせ、そして文字認識機能(OCR)を利用して、実物投影機画像のキャプチャや書類をスキャンし、編集できるデジタル形式に変換、Excel®ファイル形式に保存できます。A+ Plug-in for Excel は繁雑な入力作業が無くなります。

さらに詳しく
A+ Plug-in for PowerPoint

最新のA+Suiteに搭載のパワーポイントプラグインを利用して、パワーポイントから書画カメラ(実物投影機)映像の表示や管理、プレゼンテーション/指導用ツールへアクセスすることができます。パワーポイントのスライドショーモードで、専用ツールボックスから書画カメラ、注釈ツール、指導用ツール、スクリーンキャプチャや録画機能を操作できるほか、スポットライト、バイザー機能などアバーの主要なプレゼンテーションツールをメニューバーから操作することも可能です。パワーポイントプラグインがあれば、指先ひとつでアバービジョン書画カメラを最大限に活用したプレゼンテーションが実現します。

さらに詳しく
A+ Plug-in for Word

MS Word®で文字認識機能(OCR)を利用して、書画カメラ(実物投影機)画像のキャプチャや書類をスキャンし、編集できるデジタル形式に変換保存できます。繁雑な入力作業が無くなります。

さらに詳しく
 

教室·ソリューション

会議システム連携活用

導入事例