AVerVisionの特長

AVerVisionの特長

書画カメラ (実物投影機) は、今やICTを使った授業やプレゼンテーション、TV会議に欠かせないツールの一つです。アバー・インフォメーションでは、日本をはじめ英国、米国など世界70か国の教育機関等に書画カメラ 「AVerVision (アバービジョン)」 シリーズを提供しています。 AVerVision シリーズの特長は、高精細(500万画素)・高倍率(80~192倍)を実現し、昆虫や草花の細部の質感や色調、精密機器の基盤なども鮮明に映し出すことができます。また、直感的に操作できるコントロールパネルやリモコンも好評です。

 

ラインナップは、気軽に持ち運び可能なポータブルタイプからライトボックスつきのプラットフォームタイプまで、教育現場やビジネスシーンの幅広いニーズにお応えします。

 

シンプルなデザイン

すべての 「アバービジョン」 シリーズは、なによりもまず 「ユーザーフレンドリー」 であることを念頭において開発されています。その想いは、本体設計はもちろんのこと、シンプルで分かりやすいコントロールパネルや、よく使う機能がワンタッチで操作できるリモコンなど各製品の細部にまで注がれており、多くのユーザーの皆様から支持を頂いています。

 

安心の3年保証

アバー・インフォメーションの製品は全て3年保証です。万が一製品に不具合があった場合にも、迅速に弊社のスタッフが対応いたします。

 

業界随一のコストパフォーアンス

私たちは、最先端の製造技術と厳格なコンポーネントの選択により、エントリータイプからハイエンドモデルまで広範な製品を手軽な価格でお届けしています。